お金・財産の問題を考えるにあたって

お金・財産の問題は、離婚問題と切っても切れません。離婚に伴いお金や財産を請求する側にとっては新たな生活をスタートする上で少しでも多くのお金や財産が取得した方がありがたいでしょうし、お金や財産を支払う側にとっても新たな生活をスタートする上で少しでも多くのお金や財産を手元に残したり将来の支払を低く抑えたりした方がありがたいです。お互いに離婚をすることには合意していても、お金のことで決着がつかずにもつれてしまうことは少なくありません。
そして、DV・モラルハラスメント事案においては、加害者が金銭に執着する傾向が高いこと、また加害者との話し合いが困難を極めることで、金銭に関する問題がこじれることが一般の離婚事件以上に多いでしょう。
しかし、お金・財産の問題は慰謝料、財産分与、養育費、婚姻費用、解決金など、さまざまな費目がありますが、検討すべきポイントはそれぞれ決まっています。したがって、法的に必要なポイントを粛々と抑えていくことで、DV・モラルハラスメント加害者の言い分に左右されずに、確実にお金や財産を抑えることが可能となります。そして、確実にお金や財産を抑えられることが、DV・モラルハラスメント離婚事件を有利に進めていくための重要なカードとなります。
お金・財産の問題は一つ一つはそれほど難しいものではないのですが、これを全て整理した上でDV・モラルハラスメントを考慮しながら複合的に考えるのは、慣れていなければ弁護士であっても難しいものです。DV・モラルハラスメント離婚に伴うお金・財産の問題がある場合は、離婚事件の経験豊富な弁護士に依頼することをお勧めします。

  • お一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。
  • 086-206-3650 086-206-3650

岡山テミス法律事務所 〒700-0826 
岡山県岡山市北区磨屋町1-6 岡山磨屋町ビル8階 メール受付

ストーカーの問題 詳しくはこちら