弁護士法人 岡山テミス法律事務所 72期司法修習生募集要項

当事務所では、業務拡大に伴い、新72期の弁護士採用を予定しています。

選考をご希望される方は

2月28日(木)必着でエントリーシート(写真添付)をご郵送ください。(エントリーシートの欄に2月28日(木)以降の面接可能日・時間をできる限り多くご記入ください。)

■ 代表よりご挨拶

皆さんこんにちは。代表弁護士の柴田収です。

私は2009年12月に弁護士登録(新第62期)をし、岡山市内の事務所で約2年半、勤務弁護士時代を過ごしました。その後、「自分の理想とする法律事務所を作り、世の中に貢献をしたい。」という思いが強くなり、独立をしました。おかげさまで、開業当初から多くのご依頼をいただき、現在は弁護士4名(内1名女性)の事務所まで成長しております。 この度、さらなる業務の拡大と、まだ世の中にない新しいリーガルサービスを一緒に作っていける方との良いご縁ができたらと思い、就職説明会に参加させていただきました。比較的歴史の浅い事務所ですので、まだまだ発展途上ではありますが、弁護士のサービスをより多くの方に普及し、新しい法律事務所像を一緒に作っていけるような、柔軟で前向きな方との出会いを求めています。

もし、ご興味をもっていただけるのであれば、当事務所のブースに是非お立ち寄りください。

■ 当事務所の特色

当事務所では離婚・DV問題に力を入れております。私が弁護士を志したときは、まさか自分が離婚事件をしようとは考えてもいませんでした。離婚事件というと、「精密な法律論ではなく感情の問題になってしまい、面倒だ」「時間ばかりかかって労力が大変」と言われており、当時、離婚事件を積極的に扱う弁護士はほとんどいませんでした。私自身も、人の感情と向き合うことが求められる事件に、適性があるとは到底思えませんでした。

そんな私ですが、勤務弁護士時代に、たまたま困難な離婚案件を何件も取り扱うことになりました。そこで私が感じたことは「大変だからやりたくない」ではなく、「弁護士からしても大変な事件なのだから、依頼者が一人でやるのは絶対に苦しいはずだ」というものでした。また、「感情的なことを扱うことは面倒であり、弁護士の仕事ではない」と考えるのではなく「感情的なことも含めて真の満足・納得を得てもらうことは、依頼者にとって経済的な利益よりも大切なときもあり、そこまで追求していきたい」と考えるようになりました。

離婚事件を突き詰めていて感じるのは、昔からある分野でありながら、従前は弁護士があまり手掛けていなかったせいか、判例の蓄積も弁護士業界一般のノウハウの蓄積も不十分であるということです。当事務所では、離婚という古いようで新しい分野で、新しい解決策を常に考え続け、依頼者が当事務所にご依頼しなければ実現できなかった成果を出せるよう、日々精進を重ねています。きっと皆さんにとっても価値のある経験になると思います。

また、離婚事件という単一の分野を集中して取り扱ってきたことにより、あらゆる分野を満遍なく手がけていては決して到達できなかったレベルに私のみならず所属弁護士が達することができていると自負しております。現在、離婚だけでなく新規分野への進出を企画しております。それについても、満遍なく全分野を扱うのではなく、新規分野を集中的に取り扱うことで、ノウハウを蓄積して所属弁護士全員のスキルを向上させていく予定です。

そして、事務局を含めてメンバー全員が働きやすい環境を整備することを重視しております。具体的には、子供が病気になったり学校行事があったりする場合は、家庭を優先することを推奨しておりますし、勤務弁護士の産休・育休取得も歓迎します。また、所属弁護士との間では業務委託契約ではなく雇用契約を締結しており、充実した福利厚生を図っております。代表弁護士は、かつて両性の平等委員会で新会員向けにセクシャルハラスメント防止の講師を務めたこともあり、所内でセクハラは厳禁です。その甲斐あってか、事務局を含め所員の人間関係は極めて良好で、皆が和気あいあいとしています。平成31年2月2日現在、弁護士の退所者はゼロです。このことが当事務所の最大の強みと言えるかもしれません。

■ 業務内容

事件の種類では、離婚・DV問題の取り扱いが中心です。離婚事件を扱う場合には、心身の安全の問題・本人の納得の問題・子どもの問題・お金の問題・時間の問題等が複雑に絡み合います。本当に良い解決をするためには、あらゆる要素を総合的に検討した上で、依頼者に取って最善な解決策は何かを戦略的に判断する必要があり、他の民事事件とは異なる能力が必要となってきます。

また、離婚事件に付随して、不法行為や貸金返還請求、建物明渡請求、債務整理、不当要求対応など一般民事の事件を処理する必要が出てくることは少なくありません。また、過去の依頼者等の紹介や代表の個人的人脈により、顧問先企業も数社あり、企業の依頼もある程度受けております。ですので、離婚事件しか扱わず、他の業務を扱わないということは決してありません。むしろ、離婚事件以外も扱う能力がなければ、離婚事件を適切に扱うことはできないと考えた方がいいでしょう。

また、今後の事業展開として、相続事件にも注力をしていき、今後、事務所の柱として成長させていく予定です。更に事業を展開するにあたっても、あらゆる分野を満遍なく扱うようにするのではなく、集中的に扱う分野を一つずつ増やしていく予定です。

■ 求める人物像

従来の弁護士像に囚われず、柔軟にサービスを提供していきたいとお考えの方

特定の分野で突き抜けて、スキルを磨いていきたいとお考えの方

離婚・DV問題、相続問題に取り組みたいとお考えの方

長期間にわたって当事務所で働きたいとお考えの方

(採用予定人数:若干名)

■ 待遇等

勤務地:岡山県岡山市 ※ 今後、リモートワークの導入など、より一層柔軟な働き方ができるように体制整備を進めています。

年俸:500万円

弁護士会費:事務所負担

個人事件:受任可(報酬の3割は事務所に納めていただきます。)

福利厚生:社会保険、雇用保険、労災保険

休日休暇:週休2日制、祝日、年末年始、有給休暇

会務等:積極的な参加を推奨

■ 選考方法

エントリーシートの提出:2月28日(木)必着

事務所訪問・面接:3月1日(金)以降(基本的には平日の夜間となります)

■ 事務所のご案内

事務所名称:弁護士法人 岡山テミス法律事務所

所 在 地:〒700-0826 岡山県岡山市北区磨屋町1-6 岡山磨屋町ビル8階

代  表:弁護士 柴田収(岡山弁護士会)(登録番号40260)

連 絡 先:TEL:086-206-3650 MAIL:info@themis-okayama.jp