• 夜間相談実施中
  • 来所不要
  • DV・モラルハラスメント相談

夜間相談実施中

来所不要

DV・モラルハラスメント相談

相続サイト

債務整理サイト

企業法務サイト

女性 20代 アルバイト (愛媛県在住) 夫 20代 会社員 子供:1名 婚姻期間:~5年 キーワード DV モラルハラスメント 交渉 面会交流

事案と結果の概要

相手方のDV(主にモラルハラスメント)が原因で依頼者は子どもを連れて別居。依頼者は当初弁護士に依頼せずに自分で調停を申し立てていたが、事情を上手く説明できずに調停委員に状況を理解してもらえなかった。そして相手方が離婚を拒否するため、離婚調停は不成立となり、その上不本意な内容の面会交流調停が成立してしまった。 依頼者は、地元の弁護士に何度も相談に行ったが、「この程度では離婚原因にならない」と言って断られ続けた。また、面会交流の日程調整等を通して、相手方から依頼者へさまざまな要求がなされていき、依頼者は一人では対応できなくなっていった。 そこで委任を受け、交渉の窓口を依頼者から弁護士に変更する。弁護士が代理人になったことに逆上した相手方が依頼者に脅迫的なメールを送ったことで、一時は警察が介入することにもなったが、それをきっかけに相手方も冷静になり、速やかに離婚が成立した。

コメント

結果的に早期に解決しましたが、わかりやすいDV被害の証拠が手元になく、訴訟を提起しても離婚が認められない可能性があった事案です。しかし、交渉の窓口を弁護士にして、依頼者の心身の安全を確保することを最優先としました。 依頼者から事情を聞けば聞くほど、本人だけでの解決が困難あるということがわかる事案でしたが、なかなか他の弁護士が受任してくれなかったというあたりに、DV問題に理解のある弁護士はまだまだ不足しているのだと感じました。
The following two tabs change content below.
弁護士 柴田収

弁護士 柴田収

弁護士法人岡山テミス法律事務所代表弁護士。「感情的なことも含めて真の満足・納得を得てもらうことは、依頼者にとって経済的な利益よりも大切なときもあり、そこまで追求していきたい」と考え、離婚・DV問題について多数の紛争を解決。新しい解決策を常に考え、日々精進を重ねている。
Web会議での法律相談はこちら

離婚問題を弁護士に依頼するメリット

離婚問題を弁護士に依頼するメリット

岡山テミス法律事務所の解決事例

解決事例一覧はこちら