• 夜間相談実施中
  • 来所不要
  • DV・モラルハラスメント相談

夜間相談実施中

来所不要

DV・モラルハラスメント相談

相続サイト

債務整理サイト

企業法務サイト

男性 40代 国家公務員(香川県在住) 妻 40代 主婦 子供:2名 婚姻期間:10~15年 キーワード 不等価交換 有責配偶者 調停 面会交流

事案と結果の概要

依頼者は相手方と不仲であったところ、相手方に暴力を振るってしまった。相手方は子どもを連れて別居するとともに、DV保護命令の発令を裁判所に申し立ててきた。依頼者に保護命令が発令された後、相手方から高額な慰謝料請求を含めた離婚を請求された。一方、相手方の下での生活に子どもらが問題なく順応出来ているのか不安があったため、こちらからは面会交流の調停を申し立てた。 当初は慰謝料や財産分与が主な争点となっていた。しかし、並行して子どもらに誕生日プレゼントや手紙を送っていくうちに、少しずつ相手方との関係が良好になっていった。最終的に、依頼者が遠隔地に転勤することが決まったことを機に、当分の間単身赴任を兼ねて別居をするという形で、調停が成立した。

コメント

当初はいかに慰謝料請求を減額させるかというに焦点を絞っていたのが、思わぬ方向へ展開しました。調停で争う点(財産分与と慰謝料)はきっちりと争いつつも、配慮すべき点(相手方の心身の状態子どもらの福祉)を最大限に配慮して進めていったことで、双方の信頼関係が少しずつ再構築されていったことが、方向転換の大きな原因でしょう。 離婚では争点が多くなりやすいのですが、争う点はしっかり争いつつも、協力できるところはしっかり協力するということも、有効です。