• 夜間相談実施中
  • 来所不要
  • DV・モラルハラスメント相談

夜間相談実施中

来所不要

DV・モラルハラスメント相談

相続サイト

債務整理サイト

企業法務サイト

男性 30代 会社員(岡山県在住) 妻 30代 パート 子供:1名 キーワード 不等価交換 有責配偶者 調停

事案と結果の概要

依頼者は相手方と不仲であったところ、相手方に暴力を振るってしまった。相手方は子どもを連れて別居するとともに、DV保護命令の発令を裁判所に申し立ててきた。依頼者に保護命令が発令された後、相手方から離婚調停が申し立てられた。 相手方は離婚と養育費の支払いのみを求めており、慰謝料を請求して来なかった。そのため、速やかに離婚調停を成立させた。その一方で、依頼者と子どもらとの関係は極めて良好であったので、こちらから面会交流調停を申し立て、スムーズに面会についても調停が成立した。

コメント

当初依頼者からは、親権を争いたいという希望がありました。しかしながら、別居までに子どもらの世話をしていたのは相手方であったため、親権を取得することはほぼ不可能な状況でした。 相手方は紛争を早期に解決させるために慰謝料を請求していないのだと推測できたので、親権を争って紛争が長引いてしまったら、相手方が慰謝料を請求してくる危険がありました。そのため、勝ち目が限りなく低い親権については争わず、早期に離婚調停を成立させて相手方から慰謝料を請求される危険をなくすことを、最優先課題としました。 その結果、離婚調停は速やかに成立しました。また、離婚調停で双方が協力的な関係を築けたため、面会交流もスムーズに進みました。 離婚事件は争点が多くなりがちですが、勝ち目が薄い争点は大胆に切り捨てることで、よい結果が生まれることは少なくありません。
The following two tabs change content below.
弁護士 柴田収

弁護士 柴田収

弁護士法人岡山テミス法律事務所代表弁護士。「感情的なことも含めて真の満足・納得を得てもらうことは、依頼者にとって経済的な利益よりも大切なときもあり、そこまで追求していきたい」と考え、離婚・DV問題について多数の紛争を解決。新しい解決策を常に考え、日々精進を重ねている。
Web会議での法律相談はこちら

離婚問題を弁護士に依頼するメリット

離婚問題を弁護士に依頼するメリット

岡山テミス法律事務所の解決事例

解決事例一覧はこちら