• 夜間相談実施中
  • 来所不要
  • DV・モラルハラスメント相談

夜間相談実施中

来所不要

DV・モラルハラスメント相談

相続サイト

債務整理サイト

企業法務サイト

男性 30代 会社員(岡山県在住) 妻 30代 専門職 子供:1名 婚姻期間:1年以上5年未満 キーワード モラルハラスメント 住宅ローン 交渉

事案と結果の概要

依頼者は、モラルハラスメントを行う妻となんとか協議離婚をしたものの、住宅ローンの債務者が自分になったまま、元妻が自宅に居住を続けるという状況になっていた。 依頼者は、自身を住宅ローンの債務者から外すよう、それが不可能なら相手方が住宅ローンを支払い続けることの確約を取りたいと思っていたが、モラハラ加害者である元妻と交渉をすることが困難であったため、当事務所に依頼。 当事務所が代理人として交渉を開始したところ、相手方も代理人弁護士を就けて、スムーズに交渉が進み、無事依頼者は住宅ローンの債務者から外れることとなった。

コメント

当事者双方が求めることが一致していたとしても、DVやモラハラの被害があると、相手方と交渉することは心身への負担が大きく、非常に困難になります。そのような場合に、本人に代わって交渉をするということも、代理人弁護士にとって重要な役割です。
The following two tabs change content below.
弁護士 柴田収

弁護士 柴田収

弁護士法人岡山テミス法律事務所代表弁護士。「感情的なことも含めて真の満足・納得を得てもらうことは、依頼者にとって経済的な利益よりも大切なときもあり、そこまで追求していきたい」と考え、離婚・DV問題について多数の紛争を解決。新しい解決策を常に考え、日々精進を重ねている。
Web会議での法律相談はこちら

離婚問題を弁護士に依頼するメリット

離婚問題を弁護士に依頼するメリット

岡山テミス法律事務所の解決事例

解決事例一覧はこちら