• 夜間相談実施中
  • 来所不要
  • DV・モラルハラスメント相談

夜間相談実施中

来所不要

DV・モラルハラスメント相談

相続サイト

債務整理サイト

企業法務サイト

男性 30代 会社員(岡山県在住) 女性 20代 無職 子供:-名 婚姻期間:1年以上5年未満 キーワード 長期間の別居 調停

事案と結果の概要

依頼者は妻と婚姻してから1年程度で、妻が家から出て行き、6年近く別居状態が続いていた。その間、依頼者は妻に生活費を払い続けた上で、依頼者は妻に、期限を区切って離婚に応じることを約束させた。ところが、約束の期限が来ても、妻は協議離婚を拒否し、離婚の話が進展しなくなった。そこで、依頼者は当事務所に依頼。 事案として、同居期間が短く、別居期間は十分に長いので、最終的に訴訟まで持ち込めば、離婚が成立できると判断。それを踏まえて、調停を申し立てて、早期の離婚に応じるのであれば、離婚成立後も一定期間は生活費を支払う事を提示し、離婚を求めた。 その結果、相手方は離婚に応じることとなり、訴訟で解決するよりもスピーディーに離婚が成立した。

コメント

調停や交渉は、決裂したときにどうなるかというのを念頭において進める必要があります。本件では、別居期間が長期におよんでいたため、最終的に調停が不成立に終わっても訴訟で離婚を成立させることができるというと点が強みでした。相手方も、離婚が避けられないということを理解し、訴訟に移行する前に離婚に応じました。