• 夜間相談実施中
  • 来所不要
  • DV・モラルハラスメント相談

夜間相談実施中

来所不要

DV・モラルハラスメント相談

相続サイト

債務整理サイト

企業法務サイト

女性 30代 会社員(岡山県在住) 夫 40代 公務員 / 婚姻期間:1年未満 キーワード モラルハラスメント 婚姻費用 性的DV 調停

事案と結果の概要

依頼者と相手方が婚姻してから、望まない性行為や重度のスキンシップを相手方から強要されるようになった。また、依頼者が性行為等を拒絶すると、相手方からモラルハラスメントを受けるようになった。依頼者が耐えかねて別居を開始したところ、相手方から離婚調停を申し立てられ、披露宴のキャンセル代の支払い、結納金の返還、結婚指輪等の代金の支払い、同居期間中の家賃や水道光熱費の支払い等を要求されてきた。 当初は依頼者のみで離婚調停に対応したが、調停は不成立となる。相手方から高額な慰謝料請求を上乗せした訴訟を提起される見込みということで、相談を受けて受任。 受任後、速やかに婚姻費用分担調停を申し立てた。その結果、婚姻費用分担調停の中で離婚そのものの話が進み、披露宴のキャンセル代等を折半したり結納金を半額返還したりする条件で、調停離婚が成立した。

コメント

本件は性的DVや精神的DVの被害を受けている事案ですが、客観的な証拠は不十分でした。そのため、ストレートに慰謝料請求をしても、慰謝料が認められる可能性は低かったです。それどころか紛争が長引いて依頼者の精神的負担がばかりが大きくなるということも予想されました。また、離婚訴訟で最終的に相手方の請求を排斥することができたとしても、紛争が長引くことによる精神的負担に、依頼者がどこまで耐えられるかも悩ましい問題でした。 そこで、婚姻費用分担調停を申し立てて、紛争が長引けば長引くほど相手方の経済的負担が大きくなるという形を作って、相手方が根負けするように仕向けることにしました。最終的に、こちらも多少の出費をしなければなりませんでしたが、想定していたより早期に解決し、依頼者の精神的負担を最小限に止めることが出来ました。