• 夜間相談実施中
  • 来所不要
  • DV・モラルハラスメント相談

夜間相談実施中

来所不要

DV・モラルハラスメント相談

相続サイト

債務整理サイト

企業法務サイト

男性 30代 会社員(岡山県在住) 相手方 女性 30代 パート 子供:2名 婚姻期間:5年以上10年未満 キーワード 調停 面会交流

事案と結果の概要

妻が急に子どもを連れて家を出た上,代理人を就けて離婚調停を申し立てられ,子どもとの面会も拒否されている男性が依頼者。依頼者は当初は親権を取得したいという希望だったが,別居前に主に子どもらを監護養育していたのは妻であったため,親権を取得することは諦め,安定した面会交流を獲得することを目標として受任。 相手方は当初面会交流に消極的だったが,少しずつ面会の実績を積み上げていき,安定した面会交流を条件として調停離婚を成立させた。

コメント

一般に,妻が子どもを連れて別居をした場合,夫が親権を取得することは極めて困難です。夫の立場からすると,勝ち目のない親権争いを続けても婚姻費用の負担を重くなるだけですので,それよりも充実した面会交流を獲得する方向にシフトした方が有意義なことが多いです。
The following two tabs change content below.
弁護士 柴田収

弁護士 柴田収

弁護士法人岡山テミス法律事務所代表弁護士。「感情的なことも含めて真の満足・納得を得てもらうことは、依頼者にとって経済的な利益よりも大切なときもあり、そこまで追求していきたい」と考え、離婚・DV問題について多数の紛争を解決。新しい解決策を常に考え、日々精進を重ねている。
Web会議での法律相談はこちら

離婚問題を弁護士に依頼するメリット

離婚問題を弁護士に依頼するメリット

岡山テミス法律事務所の解決事例

解決事例一覧はこちら