• 夜間相談実施中
  • 来所不要
  • DV・モラルハラスメント相談

夜間相談実施中

来所不要

DV・モラルハラスメント相談

相続サイト

債務整理サイト

企業法務サイト

男性 30代 会社員(京都府在住) 相手方 女性 30代 会社員 子供:2名 婚姻期間:5年以上10年未満 キーワード 解決金 調停離婚

事案と結果の概要

依頼者は海外赴任中に妻と不仲になり,妻のみ日本に帰国して実家に戻る。 その後,相手方が代理人を就けて離婚や慰謝料の支払いを求めて,離婚訴訟を提起してきた。相手方の提訴後に依頼者が日本に帰国し,当事務所に依頼。 相手方は離婚訴訟を提起してきたが,調停に戻して話し合いを行う。そこで,養育費や面会交流,ある程度の解決金の支払いなどの合意を取り付け,調停離婚を成立させた。

コメント

当事者の一方が海外赴任を多いと,離婚の係争中または係争終了後も海外赴任となることがあります。今回の依頼者は,離婚係争中に新たな海外赴任が決まり,早期に紛争を解決する必要が生じました。そのため,双方が合意できる調停案を早急にまとめあげ,早期の調停成立となりました。