• 夜間相談実施中
  • 来所不要
  • DV・モラルハラスメント相談

夜間相談実施中

来所不要

DV・モラルハラスメント相談

相続サイト

債務整理サイト

企業法務サイト

男性 30代 専門職 (徳島県在住) 妻 30代 パート 子供:3名 婚姻期間:5年以上10年未満 キーワード DV 面会交流 訴訟 有責配偶者

事案と結果の概要

当方の依頼者は,相手方と同居しているとき,お互いに暴力を振るい合うような関係であったが,ある日依頼者が相手方に激しい暴力を振るったことがきっかけで別居となった。その後,長らく別居しているものの,相手方は離婚を拒否して,離婚が出来ないという宙ぶらりんな状態が続いていた。 そこで,離婚調停と離婚訴訟を重ねると,相手方は依頼者が別の女性と一緒になろうとしているのではないか(実際には事実無根),離婚をしたら婚姻費用から養育費へと月々の支払いが減額されるだけではなく,依頼者が別の女性と結婚したり新しく子どもが生まれたりすると,さらに養育費が減額されるのではないかと不安になっていることがわかった。 そのため,婚姻費用相当額の養育費を支払うこと及び依頼者が再婚をしたり再婚相手との間で子どもが生まれたりしても養育費を減額しないという条件のもと,裁判上の和解が成立した。

コメント

婚姻関係が破綻した原因が自分にあったとしても,次の人生を歩むためには,双方の関係を何らかの形で進めていく必要があります。本件では,相手方にも弁護士が就いていたのですが,当初の相手方は,復縁するとは思えないにもかかわらず,ひたすら離婚を拒否するの一点張りでした。しかし,訴訟の最終段階の和解交渉の場で,ようやく相手方の真意がわかり,裁判上の和解による離婚を成立させることができました。