• 夜間相談実施中
  • 来所不要
  • DV・モラルハラスメント相談

夜間相談実施中

来所不要

DV・モラルハラスメント相談

相続サイト

債務整理サイト

企業法務サイト

女性 30代 パート(岡山市在住) 夫 30代 会社員 子供:2名 婚姻期間:5年以上10年未満 キーワード DV 和解 離婚訴訟

事案と結果の概要

婚姻後、夫は依頼者に対して身体的な暴力を繰り返していたので、依頼者は子どもを連れて別居。依頼者は当初自分自身で離婚調停を申し立てたが、夫が離婚を拒否するため、調停は不成立になった。依頼者からは、金銭にはこだわらないので早期に離婚を成立させてほしいという希望の下、受任。 まずは交渉による協議離婚成立を試みてみたが、夫からは離婚を拒否される。そのため、即座に離婚訴訟を提起したところ、夫から急遽離婚に応じるとの連絡があったため、速やかに協議離婚を成立させ、離婚訴訟を取り下げた。

コメント

交渉や調停は話し合いですので、相手方がどうしても離婚を拒否すると言い張ってしまうと、離婚を成立させることはできません。 しかし、そんな頑固な相手でも、訴訟まで提起されると観念して、早期に離婚に応じてくれるということがあります。
The following two tabs change content below.
弁護士 柴田収

弁護士 柴田収

弁護士法人岡山テミス法律事務所代表弁護士。「感情的なことも含めて真の満足・納得を得てもらうことは、依頼者にとって経済的な利益よりも大切なときもあり、そこまで追求していきたい」と考え、離婚・DV問題について多数の紛争を解決。新しい解決策を常に考え、日々精進を重ねている。
Web会議での法律相談はこちら

離婚問題を弁護士に依頼するメリット

離婚問題を弁護士に依頼するメリット

岡山テミス法律事務所の解決事例

解決事例一覧はこちら