• 夜間相談実施中
  • 来所不要
  • DV・モラルハラスメント相談

夜間相談実施中

来所不要

DV・モラルハラスメント相談

相続サイト

債務整理サイト

企業法務サイト

女性 30代 主婦(岡山県在住) 夫 30代 会社員 子供:2名 婚姻期間:5~10年 キーワード DV 協議離婚 面会交流

事案と結果の概要

依頼者は県外で夫と子どもの計4人で生活していた。夫は飲酒すると激しいDVを行い、それが原因で、子どもら2人を連れて地元の岡山に退避。依頼者は相当強い心的外傷を負っており、早期の離婚成立を第一に希望。 相手方と子どもらとの面会交流も、面会交流を通して依頼者と相手方と接触することが不可能であるため、当面は見送りたいと希望。 そこで委任を受けて受任通知を発送したところ、相手方から協議離婚に応じるという回答があったため、早急に協議離婚を成立させる。ただし、養育費、財産分与、慰謝料、面会交流等は離婚成立後別途協議するという形にする。 その後、相手方にも代理人が就き、養育費、財産分与、慰謝料、面会交流を一つずつ決めていって、無事全てが解決した。面会交流については、当面の間は手紙のやり取りで代替することとなった。

コメント

DVの加害者は自分の行動を正当化するタイプが多く、話し合いによる解決をすることが難しいです。しかし本件は珍しく、相手方が自分のやったことに問題があることを認め、深く反省をしていたので、比較的話が進めやすかったです。 その一方で、金銭面の交渉は少々難航しました。この件でもっとも避けなければならないのは、当初相手方が離婚について応じると言ってくれているのに、金銭面での合意が至らないことが原因で、離婚そのものが白紙になってしまうということです。この事態を避けるために、親権以外の離婚条件は積み残しにしておいて、まずは先行して離婚自体を成立させるという手法を取りました。
The following two tabs change content below.
弁護士 柴田収

弁護士 柴田収

弁護士法人岡山テミス法律事務所代表弁護士。「感情的なことも含めて真の満足・納得を得てもらうことは、依頼者にとって経済的な利益よりも大切なときもあり、そこまで追求していきたい」と考え、離婚・DV問題について多数の紛争を解決。新しい解決策を常に考え、日々精進を重ねている。
Web会議での法律相談はこちら

離婚問題を弁護士に依頼するメリット

離婚問題を弁護士に依頼するメリット

岡山テミス法律事務所の解決事例

解決事例一覧はこちら