• 夜間相談実施中
  • 来所不要
  • DV・モラルハラスメント相談

夜間相談実施中

来所不要

DV・モラルハラスメント相談

相続サイト

債務整理サイト

企業法務サイト

財産分与を争う場合の大変さ

財産分与は離婚条件の中で、最も争われる問題であり、交渉がシビアになりやすい問題です。特に、不動産や、株式、退職金など、資産が大きく、複数になるほど、その傾向は顕著になります。

また、相手が離婚に前向きではなく、財産開示に応じてもらえない場合や、特有財産(婚姻前から片方が有していた財産や婚姻中であっても夫婦の協力とは無関係に取得した財産のこと)の主張・立証が必要になる場合など、単純な手続きだけでは解決できないケースも往々にしてあるのです。さらには、退職金や住宅ローンの取り扱いなど、裁判所実務の扱いすらもまだ明確に固まっていない分野も存在するのです。

 

弁護士に依頼すると、財産の正確な把握がしやすくなる。

まず、弁護士に依頼しておくと、把握すべき財産の項目がわかります。相手が情報開示に応じない場合は、裁判所を通した照会手続等を利用することによって、相手の財産を正確に把握することが可能です(給与金額や預貯金残額、保有株式など)。少なくとも、法律事務所の無料相談を利用し、ご自身が揃えるべき財産資料と注意事項について理解しておくことをお勧めします。

 

弁護士に依頼すると、2分の1より多くの財産を獲得できる可能性がある。

次に、弁護士に依頼すると、2分の1より多くの財産を獲得できる可能性があります。

財産分与は、財産を2分の1ずつ分けることが原則です。しかし、依頼者のケースによっては、他の争点と組み合わせて交渉することにより、2分の1より多くの財産を獲得できる場合があります。そのため、財産分与における交渉のポイントがわからないままご自身で交渉を進めてしまうと、獲得できたかもしれない財産を相手に取られてしまう可能性があるのです。

また、離婚の手続きが調停に移行した場合、相手方だけではなく、調停委員とのやり取りもポイントになってきます。こちらの主張が法的根拠に基づいていない場合や、まとまりのない主張になっていると、調停委員にこちらの要望を聞き入れてもらえないことが多々あります。そのため、調停で財産分与を争う場合は、交渉のプロであり、調停委員とのやり取りに慣れている離婚に注力する弁護士へご依頼されることをお勧めいたします。

特に、相手方に弁護士が付いている場合は、こちらに不利な結果で終わる可能性が非常に高くなりますので、ご自身も弁護士に依頼することを強くお勧めいたします。

 

弁護士に依頼すると、時間の節約になり、精神的ストレスの軽減にもつながる

前述のように、自分が望む財産分与を実現するためには、多くの資料を揃え、こちらの財産と相手の財産を細かく整理して一覧表にしなければなりません。また、相手と交渉したり、調停委員とやり取りしたり、裁判官に書面で説明したりしなければなりません。そのために、情報収集や資料収集、書類作成に多くの時間を費やす必要があります。また、相手との交渉は精神的にも大きなストレスとなります。

しかし、弁護士に依頼しておくことで、情報収集や資料作成のために割く時間の節約になり、交渉も弁護士が行うため、交渉によりかかるストレスはゼロとなります。その分、離婚後の生活準備に時間をさけるようになり、離婚後の生活設計ができていると、精神安定にもつながります。

The following two tabs change content below.
弁護士 柴田収

弁護士 柴田収

弁護士法人岡山テミス法律事務所代表弁護士。「感情的なことも含めて真の満足・納得を得てもらうことは、依頼者にとって経済的な利益よりも大切なときもあり、そこまで追求していきたい」と考え、離婚・DV問題について多数の紛争を解決。新しい解決策を常に考え、日々精進を重ねている。
Web会議での法律相談はこちら

離婚問題を弁護士に依頼するメリット

離婚問題を弁護士に依頼するメリット

岡山テミス法律事務所の解決事例

解決事例一覧はこちら