• 夜間相談実施中
  • 来所不要
  • DV・モラルハラスメント相談

夜間相談実施中

来所不要

DV・モラルハラスメント相談

相続サイト

債務整理サイト

企業法務サイト

  1. 財産の把握

□ 収入資料(源泉徴収票、所得証明書、確定申告書の写し等)
□ (会社経営者の場合)会社の決算書
□ 預貯金・現金・タンス貯金・へそくり(金額、少なくとも金融機関名と支店名)
□ 土地や建物などの不動産(自宅以外にある場合は特に)
□ 住宅ローン残額(ローン償還表がある場合が望ましい)
□ 株式、社債、その他有価証券
□ 生命保険(できれば解約返戻金)
□ 学資保険(できれば解約返戻金)
□ 自動車(車検証の写しとローン残高がわかる資料)
□ 退職金(取得の確実性と金額見込み)
□ その他借入金

  1. 別居後の生活費の確保

□ 生活費に最低どれくらい掛かるか把握できているか。
□ 夫婦共有口座から預金を引き出すことができるか。
□ 使用可能なクレジットカードの番号を知っているか。
□ 実家からの援助を受けることができるか。

  1. 別居後の住居の確保

□ 実家に戻ることが可能か。
□ 契約可能な賃貸アパートを見つけられているか。
□ 引越し業者の手配ができているか。

  1. 別居日の確定

□ 別居のXデーをいつにするか。
□ (子どもがいる場合、)学校への通学はどうするか。

  1. 別居後の進め方

□ 離婚手続き(協議or調停)の方針は固まっているか。
□ 婚姻費用の申立ての準備はできているか。

  1. 置き手紙の内容

□ 内容について、既に検討ができているか。
□ 内容について、専門家のアドバイスをもらっているか。

The following two tabs change content below.
弁護士 柴田収

弁護士 柴田収

弁護士法人岡山テミス法律事務所代表弁護士。「感情的なことも含めて真の満足・納得を得てもらうことは、依頼者にとって経済的な利益よりも大切なときもあり、そこまで追求していきたい」と考え、離婚・DV問題について多数の紛争を解決。新しい解決策を常に考え、日々精進を重ねている。
Web会議での法律相談はこちら

離婚問題を弁護士に依頼するメリット

離婚問題を弁護士に依頼するメリット

岡山テミス法律事務所の解決事例

解決事例一覧はこちら