• 夜間相談実施中
  • 来所不要
  • DV・モラルハラスメント相談

夜間相談実施中

来所不要

DV・モラルハラスメント相談

相続サイト

債務整理サイト

企業法務サイト

まずは警察への相談を

まずは事前に警察へ相談をしておくことが大切です。相談をしたからといってすぐに警察が動いてくれるというわけではありません。ただ、事前に警察に相談をして事情を説明しておくと、その後に加害者が動いたときに、一から事情を説明する必要がないので、速やかに対応をしてもらえます。

弁護士に依頼するメリット

ストーカーに対応するためには、弁護士を代理人として立てることが極めて有効です。ストーカーは、単なる個人的な用事があるだけだと弁解してきます。また、お金を貸しているとか慰謝料を請求するとか、あたかも民事的な紛争が生じているような弁解をしてくることも多いです。あるいは、ストーカー行為の一環として、民事的紛争を起こしてくることもあります。ストーカー被害は、全く見知らぬ相手との間で起きることは少なく、元交際相手など何らかの人間関係がある中で起きることが多いです。そのため、ストーカー加害者は、最終的に裁判では到底認められないような主張ではありますが、何らかの民事的主張をしてきやすいのです。こういう弁解をされると、警察としてはなかなか介入しにくくなってしまいます。

しかし、弁護士を代理人に立てて、用があるときは全て弁護士を通せというと、加害者は被害者に直接ストーカー行為を行う口実がなくなってしまいます。それでもストーカー行為に及ぶとなると、警察としても動きやすいです。また、弁護士が代理人になってもストーカーに対して調停を起こしたり債務不存在確認訴訟を起こしたりして、ストーカー加害者を法的手続の場に引きずり出すことも非常に有効です。

Web会議での法律相談はこちら

離婚問題を弁護士に依頼するメリット

離婚問題を弁護士に依頼するメリット

岡山テミス法律事務所の解決事例

解決事例一覧はこちら